Links

ランキング



  • 
ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

    スカウター : 効果のあるアンチエイジング

    フィードメーター - 効果のあるアンチエイジング

    • SEOブログパーツ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

血液の老化を防ぐ方法

アンチエイジングのためには、
血液の老化を防ぐことが重要だとされています。

血液が老化すると、循環が悪くなるので、
肩や腰などのコリも悪化してしまいますよ。

血液循環をよくするには、
以下の方法が効果的です。参考にして下さい。

①身体を冷やさないように注意する
②体を温める食べ物を摂取する
③カルシウムを摂取する
④オイルマッサージなどで代謝をアップさせる
⑤爪などをマッサージして自律神経のバランスを整える

2011年3月29日 (火)

青汁には何が入っているのか?

青汁には一体どんな食材が使われているのでしょうか?

青汁に使うのに効果的な食材を上げます。

良質オイルマッサージなら大阪にあります。

○かぶの葉
カルシウムを豊富に含んでいる野菜だということです。
青汁の材料となる部分は葉でカルシウムを根の部分より豊富に含んでいます。

明日葉(あしたば)
においと味にもクセがあり、 青汁にしても飲みにくいです。

しかし、栄養素は豊富に含まれています。健康食品の材料によく使用されます。

キャベツ
ビタミンCやビタミンUを豊富に含んでいます。

ビタミンUは胃腸薬「キャベジン」の原料となります。

独特なにおいがありますが、飲みやすいでしょう。

他にも、ケール・小松菜・しそ・水菜・ブロッコリー・大根の葉等があります。

文京の良質な出張マッサージがです。

2011年3月25日 (金)

アンチエイジングの秘訣は唾液です

唾液が減少してお口が乾いてしまう状態は老化を早めてしまうそうです。

唾液には、成長ホルモンの一種で
私たちの若々さを保つ働きをしているパロチンがあります。

パロチンの分泌が活発だと、骨や筋肉
内臓、歯などの生育発育が盛んに行われ
長く若さを保ちます。
赤ちゃんから20代半ばくらいまでは活発
に分泌されているそうです。
若返りの健康食品として有名な「ローヤルゼリー」には
パロチンにとてもよく似た成分の「類パロチン」が含まれています。

したがって、唾液が少ない「ドライマウス」な人は
パロチンの分泌もあまりないということになります。

唾液を沢山出すには、よく噛んで食べ、ストレスを減らす事が大切です。

2011年3月12日 (土)

セルライト対策とアンチエイジング

セルライトは、皮下脂肪の固まりが、
皮膚の表面に凸凹として表れる症状です。

その原因は、新陳代謝の低下で、
新陳代謝に異常をきたしたことで、
皮下脂肪の周りに、老廃物や水分が
付着してしまうことで発生します。

PR大阪のマッサージを出張で楽しむ

セルライトは、特に下半身によく現れます。

アンチエイジングで、滑らかな肌を
手に入れるためには、
セルライトの予防は不可欠です。

出来てしまったセルライトを
解消するには、セルライト検査がオススメです。

PRこの出張マッサージは大阪 福島区ならでは!

セルライト検査をして貰えば、
セルライト対策を立てやすくなりますよ。

2011年3月 8日 (火)

二重あごを解消するストレッチ方法

今回は、二重あごを解消する
ストレッチの方法を紹介します。

アゴと首の間の顎舌骨筋(がくぜつこつきん)を
鍛えれば、二重あごを解消することができます。

ストレッチで、二重あごの悩みを解消しましょう。

《二重あごを解消するストレッチ》

①顔を天井に向けて口を
 大きく開けて舌を突き出して下さい。
 その状態で、5秒間保ちます。

②舌を引っ込めた状態で
 口を閉じて5秒間数えて下さい。

③5秒数えながら、
 ゆっくりと頭を元の位置に戻していきます。

④①~③を10回程度繰り返します。

2011年3月 2日 (水)

洗顔前にすること

今回は、洗顔前にすると効果的な方法を紹介します。

PR:渋谷 アロママッサージ

毎日のスキンケアの前に実施すると、
より美肌の効果を高めることができすよ。

PR:出張マッサージ

~洗顔前にすること~

・自分の顔を鏡でチェック
肌の色や、毛穴の開きや、くすみ、
くま、毛穴の汚れをチェックしましょう。

・ホットタオル
タオルをお湯に浸して顔に乗せましょう
※こすらないで押しつけるだけです。

・手を洗う
⇒顔の前に必ず手を洗います。

・予洗い
目には見えない、ほこりやチリを流します。

2011年3月 1日 (火)

細胞の酸化について

金属や食べ物・油といった物質は、
長い間空気にされされていると、
酸化してダメージを受けます。

これと同様に、私たちの細胞も酸化して、
ダメージを受けているのです。

体内に取り込まれた酸素の一部は、
「活性酸素」となり脂質と結合して細胞を酸化させます。

皮膚が酸化してしますと細胞にダメージを与えて、
真皮のコラーゲンを硬くして
皮膚の弾力を失わせて、老化を進めます。

こうした活性酸素を発生する環境が、
私たちの周りに、数多くあるのは事実です。

紫外線や、ストレス、喫煙や添加物の多い食生活も
活性酸素を発生させやすくする原因になります。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »