Links

ランキング



  • 
ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

    スカウター : 効果のあるアンチエイジング

    フィードメーター - 効果のあるアンチエイジング

    • SEOブログパーツ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

理想的な食生活をしましょう

1)1日の摂取カロリーを(30×標準体重)kcal以下にしましょう。

2)1日の摂取タンパク量は約70~100gを心がけましょう。
  多すぎても少なすぎてもダメですよ。

3)タンパク源をさまざまな食品からバランスよく摂りましょう。

4)脂質の摂取量を総カロリーの25%以内に抑えましょう。

5)青魚でEPA、DHAを摂りましょう。

6)牛乳や乳酸菌(ヨーグルト)は毎日摂るようにしましょう。

7)野菜などの食物繊維は1日に25g以上は摂りましょう。

8)甘いものは控えるようにしましょう。

2011年2月25日 (金)

お酒の飲みすぎに気をつけましょう

<<アルコール摂取による弊害>>
・カロリーオーバー
・栄養不良になりやすい
・アルコール性肝障害など、アルコール自体による直接的障害作用がある

PR:五反田 アロママッサージ

肥満気味の方にとっては、カロリーオーバーということは、最も気をつけなければいけないポイントです。

PR:千代田区 出張マッサージ

栄養不良を防ぐためには、飲酒時にはナッツやチーズなどを食べるようにしたり、
最低限の栄養補給を意識しておいた方がいいでしょう。
肥満や糖尿病、脂肪肝などがある人で、これ以上カロリーをとれないという方は、サプリメントなどをうまく利用して補給しましょう。

2011年2月24日 (木)

運動を習慣にしましょう

老廃物をきちんと排泄させるためには、運動が必要となります。
といっても、激しい運動を指しているのではないのです。
歩いたり、首や腕を動かす程度の運動のことを指しています。
こういった運動によって、スムーズな流れが可能となるのです。
たとえば、筋肉にコリなどがある場合は、リンパ液の流れが悪くなっている証拠なのです。

1日に最低でも3,000歩以上歩くように心がけて、ラジオ体操程度のストレッチをかかさずに行うといいでしょう。
習慣にすることで、肩こり知らずの身体を手に入れることはそんなに難しくはないのです。

2011年2月19日 (土)

リンパ液の循環をよくしましょう

細胞をいつまでも若く保ちアンチエイジングをしたい場合、血液とリンパ液の循環をよくすることが大切となります。

PR:リンパマッサージ 大阪

リンパ液は食物によってしか生成されないため、その人の年齢、地域、人種に合った食生活が大切なのです。
リンパ液の役割として、血管からにじみ出て身体の中に流れて、栄養を配りつつ老廃物を受け取って排泄をするという一連の流れを担っているのです。

PR:マッサージ 大阪 北区

最終的に老廃物が集められる場所は、「首の付け根」「腕の付け根(脇下)」「ももの付け根」の3箇所となります。
老廃物はここから静脈に入って、腎臓から吸収されて尿として排泄されるようになっています。

2011年2月18日 (金)

8割を目指しましょう

若さを保っているいくつかの大切なホルモン分泌量が、健康を維持するために必要なレベルから低下し始めると、ちょうど40代ころから諸症状が現われてきます。

・筋力および運動能力の低下
・エネルギーレベルの低下
・性衝動および性的能力の低下
・精神的および視覚的鋭敏さの低下
・脂肪のない筋肉量の減少
・骨粗鬆症の兆候
・皮膚の柔軟性の喪失

何か一つでも気になることがあるのなら、この時点でアンチエイジングを決意したほうがいいでしょう。
完璧主義はキッパリと辞めて、80点を心がける生活に切りかえるのです。
笑って楽しく生活できるように、気持ちから変えることがとても大切となっています。

2011年2月17日 (木)

就寝前はリラックスしましょう

就寝前の時間は、交感神経を鎮めて、副交感神経を優位に変える時間帯となっているのです。
この時間帯に、集中力を高めたり、気持ちが高ぶるようなテレビドラマやDVDを見たりすると、交感神経の興奮が続いてしまうことになるのです。

PR:アロママッサージ 渋谷

できるだけ静かで穏やかにリラックスした時間を過ごすことが、アンチエイジングに効果をもたらしてくれます。
クラシック音楽を聴いたり、雑誌をながめたり、少々ならお酒をたしなむのもいいでしょう。

PR:東京 マッサージ

ゆったりとした眠りにつきたい場合のオススメはホットミルクとなります。
就寝前に、カフェインを含んでいるコーヒーや紅茶といった飲み物は厳禁です。
カフェインは飲んで数時間は効果が持続するので、ベッドに入るころに目が冴えてしまう結果となってしまうのです。

2011年2月15日 (火)

タバコはやめましょう

WHO(世界保健機関)では禁煙によって減らすことができる年間死亡者数を、全世界で約4000万人と推定しているそうです。
また、日本国内だけでも約10万人と推定されています。
この数字は、とても多いと言われている交通事故の死亡者数の約10倍に相当しているとのこと。
タバコはアンチエイジング以前の問題といえるでしょう。

タバコの弊害
・酸化(さび)を促進する=老化を進める
・口腔、喉頭、肺、食道、胃などの発ガンのリスクを増大する
・心筋梗塞を発症するリスクが高くなる
・動脈硬化のリスクが高くなる

2011年2月12日 (土)

ウォーキングをしましょう

毎日40分の汗をかく程度のウォーキングがオススメです。
ちょっと厳しいと言う方は、1週間に3回以上、30分以上のウォーキングでも大丈夫です。

PR:出張マッサージ 東京

車社会の発展に伴って、歩くことが極端に少なくなり筋肉を使う運動が激減しているのです。
また、食生活が欧米化して、逆に脂肪摂取が激増している状態となっています。
その結果、糖尿病や肥満症、高血圧症や高脂血症などの生活習慣病が増加している傾向があります。

PR:マッサージ 板橋区

十分な運動を実施するだけでも、生活習慣病の予防となるのです。

2011年2月 9日 (水)

ぐっすり睡眠を取りましょう

太陽が沈んで夜になると、脳の松果体からメラトニンが分泌され始めます。
夜間に分泌されているメラトニンには、免疫を高める作用が強く、抗がん作用も持っているのです。

オススメマッサージ

次に成長ホルモンが分泌されてきます。
さらに朝が近くなると、異化ホルモンの副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の分泌が起こっているのです。

オススメマッサージ 東京

しかし年を取っていくにつれ、メラトニンの分泌が低くなって、40~50代になると10代の頃の5分の1から10分の1ほどに低くなってしまっているのです。
つまりアンチエイジングのためには、夜の間にぐっすりと熟睡することで、確実にメラトニンの分泌を行わせることが重要となっているのです。

2011年2月 8日 (火)

ストレッチングをしましょう

1970年台にアメリカで「ストレッチング」が注目されました。
「ストレッチ」という言葉は、「伸ばす」という意味で、柔軟体操のことです。

体をリラックスさせる、疲労をとる、体調を整えるなどの目的で行なわれます。
ストレッチングは、反動をつけずに行う静的なストレッチです。

反動をつけて行う動的なストレッチでは、関節の動く範囲はあまり向上せず、無理に行うことで逆に筋肉を痛めてしまうこともありました。

筋肉を柔らかく、関節の動かす範囲を大きくさせるには、ゆっくり伸ばし、その状態を維持する静的なストレッチの方が筋肉を伸ばす効果があるとされ、このやり方が一般的になりました。

2011年2月 4日 (金)

カラオケはどうでしょう

絶好のアンチエイジングエクササイズとしてカラオケがスクールなども登場しています。

千葉 マッサージ

歌うということは、有酸素運動と筋肉のトレーニングを一緒にすることなのです。
酸素を息つぎの時にいっぱい取り込んで、腹式呼吸で声を出すということが有酸素運動っぽいですね。

・マッサージ 専門学校 福岡

カラオケは、気分もハッピーになりますし、運動効果もあるので、心も身体も若返ることができるといえるでしょう。
通常の運動が続かないという人でも、歌うことなら大丈夫ではないでしょうか。

2011年2月 2日 (水)

無酸素運動もしましょう

無酸素運動とは、 短距離走、投擲、相撲など競技や、バーベルなどを使った筋力トレーニングなど短時間に強い力を発揮する運動です。筋肉を収縮させるためのエネルギーを酸素を使わずに作り出すことからこのように呼ばれています。

筋肉が収縮するための直接のエネルギー源となるのが、アデノシン三燐酸(ATP)です。
筋肉内にはATPが蓄えられていて、急な運動時にはすぐに使えるようになっています。
しかし、高強度の運動を行った場合は数秒でなくなってしまいます。

引き続き運動を続けると、グリコーゲンや血液や肝臓に蓄えられたブドウ糖からATPを作り出します。このようにATPを使って運動することを無酸素運動といいますが、ATPを作り出す過程で、同時に乳酸を生じてしまいます。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »